カウンター
story03
03_長石の壁

奥の部屋は倉庫を確保するため、壁を作る計画をしていた。表面の素材に白い石を使って、ただの仕切りではない表情を作ろうということになった。
色々ある石のうちで、採用したのが100%信楽産の長石。
陶器や釉薬の原料であり、通常は粉状に加工されたものを使う。石材として使用したのはおそらく史上初。

採掘したては普通の岩と変わらない。それが、砕いては窯で焼く作業を繰り返すと、光沢のある独特の表情を持つ石が出来上がる。

詳しい制作方法は秘密である。
なぜなら私達が開発した方法ではなく、泰央さんが所属する信楽陶器工業組合青年部が、石のまま焼く方法を試行錯誤の末に編み出したから。
信楽の土壌に感謝する「陶供養」のためのモニュメントを建立する構想が、数十年前からあり、この石を使う計画なのだ。

実験の意味も含めて、今回使わせてもらったのである。
接着方法や目地埋め、ひとつひとつ石を貼っていく作業行程には試行錯誤が幾度となくあり、多大な労力と時間を裂くこととなった。
仕上がりは上々。思い入れと話題性たっぷりの壁が出来上がった。
[PR]
by sigarakiproject | 2008-04-15 00:01 | shiroiro-ie concept
<< story02 信楽まちづくりシンポジウム >>



メンバー募集中!!民家を改装して真っ白なギャラリー&イベントスペースを創りました!!信楽のまちなかに潜むギャラリースポットを開拓していきます!空間の再利用、演出お任せ下さい◎
by sigarakiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
以前の記事
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 06月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
企画/イベントご案内
before-ie -改装前-
after-ie -改装後-
プロジェクト進行状況
shiroiro-ie concept
改装の記録展
連絡/近江楽座
メディア掲載
shiroiro-products
新1回生の方へ
MAP Project
Ogama改装録
活動記録
links
ライフログ
ファン
その他のジャンル